お一人様のグルメブログ

お一人様でも食べに行けるお店の情報を紹介しているグルメブログです

スシロー『釜玉うどん』の値段・味を紹介!半熟卵つき?

スシローでは、サイドメニュー『釜玉うどん』が販売されていて、冷やしうどんではありませんが、夏場の季節でも食べやすいメニューになっているので詳しく紹介しましょう。

スシロー『釜玉うどん』

釜玉うどんが、冷やしうどんではなくても、暑い夏場の季節に食べやすいのは、見ての通りでスープの量が少ないからです。

ここまでスープの量が少なければ冷たくなくても、夏場の季節でも食べやすいです。

スシロー『釜玉うどん』の値段

釜玉うどんは量が少ない事もあって、値段は税別価格280円になっています。うどんとしては、お手頃価格になっているので、気軽にうどんを食べてみたい方には嬉しい価格設定ですね。 

スシロー『釜玉うどん』のネギ

ネギと一緒に釜玉うどんの麺を食べてみたら、ツルツルとした麺の歯ざわりと、シャキシャキとしたネギの歯ごたえの違いを感じられました。

ネギは、適度な風味を感じられたので、うどんの風味を崩さなくて、好感を持てるメニューです。

スシロー『釜玉うどん』のトロロ

釜玉うどんには、トロロがあるので、少し顔面蒼白してしまいました。なぜなら、私はトロロが大の苦手だからです。

恐る恐るトロロを麺と一緒に食べてみたら、これが意外と食べられました。私の苦手なトロロのねばねばぁ〜っとしたものがなくて、まろやかな味わいになっていて、口の中に嫌な感じがあまり残らなかったのです(個人差があるので注意)。

スシロー『釜玉うどん』の天かす

やはり、うどんには天かすがつきものという事もあって、釜玉うどんにも天かすがありました。釜玉うどんの天かすはサクサクとした食感があり、ほのかな甘みもあって、あっさりめの麺の味と合いやすかったです。

スシロー『釜玉うどん』の半熟卵

スシローの釜玉うどんには、半熟卵も入っていたので、箸でほぐしてみたら、良い感じで半熟卵の黄身がトロトロ〜と出てきました。

半熟卵とトロロを一緒にして、麺と食べてみたら、様々な味が口の中に広がっていき、何とも贅沢な味に変化していきました。

様々な味を楽しみたい方には、おすすめのうどんメニューですね。

スシロー『釜玉うどん』のかまぼこ

釜玉うどんのかまぼこは、上質な味がして、安物のかまぼことは一味違うものを感じました。しかし、いかんせん薄すぎるので、そこが少し残念かなという感じですね。

スシロー『釜玉うどん』のスープ

ご覧の通りで、全て食べ終わった後のスープの量はこの程度です。そのため、夏場の季節でも、それほど熱く感じないので、食べやすかったですね。

この後は、残った半熟卵・トロロ・天かすと一緒にスープも完食しましたが、低価格の割にはお腹いっぱいになるメニューでした。

スシロー『釜玉うどん』のまとめ

スシローの釜玉うどんは値段が安くなっていますが、意外とお腹いっぱいになりますし、様々な味が楽しめるので、うどん好きの方にはおすすめのメニューです。

スープの量が少なくなっているので、夏場の季節でも、食べやすいメニューなので、これから食べてみるのも良いかもしれませんね。