お一人様のグルメブログ

お一人様でも食べに行けるお店の情報を紹介しているグルメブログです

スシロー『うなちらし』お買い得価格で自宅で味わえる?

スシローでは、土用の丑の日に備えて『うなちらし』が、お持ち帰り専用として販売されています(店舗によっては予約が必要なので注意)。

スーパーで販売されているうなぎは、軽く1,000円を超える商品ばかりですが、うなちらしはお買い得価格になっているので、詳しく紹介しましょう。

スシロー『うなちらし』の値段

お持ち帰り専用の『うなちらし』は、ちらし寿司の上に、うなぎが5つほど乗っています。

値段は、税別価格780円になっています。ちらし寿司までセットになっていて、このお値段は、まさにお買い得価格と言えるでしょう。

スシロー『うなちらし』のサイズ

うなちらしは、筆入れよりも少し小さめのサイズなので、少食の方でも頼みやすいメニューです。

スシロー『うなちらし』のうなぎ

それではいきなり、メインのうなぎから食べてみようと思います。厚みはあまりないのですが、ある程度の弾力があって、うなぎ好きの方でもうなりたくなるほどの味です(個人差があるので注意)。

うなぎは、タレがハジのほうにかけられていて、少し甘ジョッパイ感じがして、食欲をそそる味になっていました。そして、うなぎは少しだけ、しっとりとする仕上がりになっています。

スシロー『うなちらし』のちらし寿司

ピンクの『桜でんぷ』や、黄色の『錦糸卵』などが乗っていて、彩り鮮やかなうなちらしになっています。桜でんぷは、鯛やタラを使って料理するものですから、回転寿司にはお手の物という感じがしますね。

ちらし寿司の部分を食べてみたら、甘い桜でんぷと、少しだけ塩っけを感じる綿糸卵の相性は抜群でした。さらに、海苔まで乗っているのは、少し嬉しいサービスでしたね。

これだけのちらし寿司が用意されているのに、うなぎまで乗っているとは贅沢なメニューだなという感じがしますね。

スシロー『うなちらし』のまとめ

スシローで購入した『うなちらし』は、うなぎとちらし寿司がセットになっている贅沢なメニューでした。自宅で、贅沢なうなぎ料理が1,000円以下で味わえるとは、魅力的なメニューという感じがしましたね。

2019年の夏の土用の丑の日は、7月27日なので、その日はスシローが混雑しそうなので、26日ぐらいまでには購入しておいたほうが良いかもしれませんね(うなちらしがいたまないように注意して下さい)。