お一人様のグルメブログ

お一人様でも食べに行けるお店の情報を紹介しているグルメブログです

スシロー『大切り 爆盛り てんこ盛り祭』の寿司の味を紹介

スシローで『大切り 爆盛り てんこ盛り祭』が開催されていて、ボリュームたっぷりの寿司メニューが販売されています。

そこで、どのような寿司が販売されているのか、詳しく紹介しましょう(値段は税抜価格)。

スシロー『大切りサーモン(100円)』

大切りサーモンは、100円メニューのサーモンネタなので、脂はほんのりと乗っている感じです。それでも、しっとりとした食感になっているので、値段の割には満足できる味でした。

スシロー『特大ジャンボ赤えび(100円)』

特大ジャンボ赤えびも100円メニューですが、その割には大ぶりのネタになっている上に、ぷりぷりとしていました。歯ごたえのあるネタだったので『本当に100円ネタか?』と驚くばかりでした。

見た目も少し光に反射していて、いかに新鮮なネタか分かりますね。

スシロー『大切り真いか(100円)』

大切り真いかは、100円ネタなので、あまり歯切れはよくなくて、くちゃくちゃと噛む事になります。そのため、歯ごたえが良いという訳ではないのですが、包丁でクロス状に切れ目がついていて、醤油が染み込みやすくなっています。

そのため、食感よりも味のほうを重視している方であれば、満足できるメニューと言えるでしょう。

スシロー『どか盛りほたて(150円)』

どか盛りほたては150円メニューだけあって、ほたてが何枚も重ねられていました。ボリューム満点なのは良かったのですが、少し食べづらいですね。

ある程度まで、ほたてを食べなければ、こぼしてしまうので注意が必要です。しかし、ほたての上にいくらまで乗っていて、アクセントを効かしたメニューになっています。

スシロー『爆盛りびんとろ(150円)』

爆盛りびんとろというだけあって、こちらもボリューム満点です。食べづらいのは、このフェアのお約束なのかもしれません。

ネギが多く乗っているので、魚の匂いを緩和してくれています。びんとろは柔らかみがある上に、脂もよく乗っているので150円の価値はありますね。

スシロー『三種の魚卵てんこ盛り(150円)』

三種の魚卵てんこ盛りでは、海苔とシャリの上に様々な魚卵が乗っています。プチプチとしたいくらだけではなく、コリコリとした数の子まで乗っているので、様々な味や食感を楽しめるようになっています。

数の子は淡白な味になっていますが、いくらは思ったよりも濃厚な味になっているので、全体的には適度なバランスを保っていました。

スシロー『大切り天然インド鮪中とろ(150円)』

大切り天然インド鮪中とろは、150円メニューなので、さぞ脂が乗っているだろうと思っていたら、それほどのジューシーさは感じませんでした。

それよりも上質な感じがする味になっていて、口の中に鮪の脂がゆっくりと広がるようなメニューになっています。

スシロー『海鮮5種!てんこ盛りちらし(300円)』

海鮮5種!てんこ盛りちらしは、錦糸玉子の上に様々な魚のネタが乗っていて、やはり食べづらいです。そのため、1枚ずつネタを食べていって、最後に残ったネタと一緒にシャリを食べる感じでした。

それぞれ脂がよく乗っているネタがあるので、様々な味を楽しめるのは魅力的なメニューですね。

スシロー『うなぎと穴子の山盛りちらし(300円)』

うなぎと穴子の山盛りちらしは、うなぎは濃厚な味になっていますし、穴子は少し味がアッサリとしています。

極端な味になっているネタを一緒に食べる事ができて、口の中で、様々な味がミックスされて、噛むたびに色々な味を楽しめるようになっていました。

スシロー『大切り 爆盛り てんこ盛り祭』のまとめ

スシローの大切り 爆盛り てんこ盛り祭』フェアの開催期間は、2019年7月15日までになっているので、早めに食べに行ったほうが良さそうです。

期間は短めですが、ボリュームいっぱいのネタが多く用意されているので、お腹いっぱいまで寿司を食べてみたい方には、おすすめのフェアです。